PR

家庭のガス代節約方法を徹底解説!場所別ガス料金を抑える方法40選

生活のこと
記事内に広告が含まれています。
  • 月々の固定費が高くて支払いが大変。
  • ガス代を節約する具体的な方法を知りたい。
  • 生活費を抑えて自由なお金を作りたい。

生活費の中でも高くなりがちなガス代。節約したけどいまいちやり方がわからないと、放置していませんか。

実は、私も日々のガス料金が高く、あらゆる節約方法を調べました。

ガス代節約方法ってよくわからない

toshi
toshi

いろんな方法があるから一緒に見ていこう!

そこでこの記事では、お風呂やキッチンなど場所別に節約方法を徹底解説します。

上記の中から、ご自身の生活にあう節約方法を実践してみましょう!

この中でも、一番おすすめの節約方法は「ガス会社の切り替え」です。

無料の簡単問合せをするだけで、すぐにガス料金を安くすることができます。

また、ガス会社の切り替えは生活スタイルを変える必要がないのでおすすめの節約方法です。

毎月の固定費を少しでも安くしたい!
自由なお金をつくりたい!
そんな悩みをかかえていませんか?

固定費の中でもガス代が
意外と高く感じている方の多くは、
プロパンガスを使用している場合が多いです。
実はプロパンガスの会社は、悪質なところも多く、
知らずのうちに高額なガス料金を払っていることも…

toshi
toshi

プロパンガスは、ぼったくり業者も多いんだ

そんな方にはプロパンガスの一括比較サイト「ガス屋の窓口」がおすすめです。
テレビや新聞にも取り上げられ、13万世帯の実績があります。

簡単3ステップの無料問合せで、すぐに月々の金額を安くし、
自由なお金を作ることができます。
さらに契約後の1年間の値上げは返金保証があり、
不当な値上げを監視してくれるので安心。

\まずは今すぐ無料問合せ

ガス代が高い原因を知りたい方はこちらの記事
>>ガス代が高い4つの原因を徹底解説!おすすめのガス節約方法とは?

  1. 一番おすすめの節約方法【ガス会社の切り替え】
    1. ガス会社切り替えの具体的な節約効果
    2. 生活を変えずにガス代節約
  2. お風呂のガス代節約方法 12選
    1. お風呂の節約方法1:お湯はりタイマーの使用
    2. お風呂の節約方法2:お湯を少なめに調整する
    3. お風呂の節約方法3:浴槽にフタをする
    4. お風呂の節約方法4:保温シートの使用
    5. お風呂の節約方法5:設定温度を下げる
    6. お風呂の節約方法6:換気扇を止める
    7. お風呂の節約方法7:追い焚きの回数を減らす
    8. お風呂の節約方法8:シャワーの温度を下げる
    9. お風呂の節約方法9:シャワーの使用回数を減らす
    10. お風呂の節約方法10:節水シャワーヘッドに交換
    11. お風呂の節約方法11:浴槽のお湯を有効利用
    12. お風呂の節約方法12:一人暮らしならシャワー、二人以上なら浴槽
  3. キッチンのガス代節約方法 14選
    1. キッチンの節約方法1:お湯の使用を最小限に!
    2. キッチンの節約方法2:お湯の温度を低く設定
    3. キッチンの節約方法3:ガスコンロの使用時間を短く
    4. キッチンの節約方法4:卓上IHヒーターを使う
    5. キッチンの節約方法5:高火力を使う料理を控える
    6. キッチンの節約方法6:電子レンジや電気ケトルを使用
    7. キッチンの節約方法7:炊飯器や圧力鍋などの調理器具を活用
    8. キッチンの節約方法8:一度にたくさん作って冷凍保存
    9. キッチンの節約方法9:調理中は落し蓋や鍋蓋を使う
    10. キッチンの節約方法10:鍋に合わせた火力
    11. キッチンの節約方法11:野菜は小さく切って煮込む
    12. キッチンの節約方法12:調理法は、炒める>蒸す>煮る
    13. キッチンの節約方法13:鍋の水滴は拭き取ってから火にかける
    14. キッチンの節約方法14:食洗機で年間約6,470円節約!
  4. ガス機器でガス代節約方法9選
    1. ガス機器の節約方法1:給湯器をエコキュートに交換
    2. ガス機器の節約方法2:給湯器をエコジョーズに交換
    3. ガス機器の節約方法3:ガスコンロのこまめな掃除
    4. ガス機器の節約方法4:ガスコンロの電池交換
    5. ガス機器の節約方法5:ガスファンヒーターの温度設定を下げる
    6. ガス機器の節約方法6:ガスファンヒーターのタイマー機能
    7. ガス機器の節約方法7:ガスファンヒーターの人感センサー機能
    8. ガス機器の節約方法8:ガスファンヒーターの掃除やメンテナンス
    9. ガス機器の節約方法9:ガスファンヒーターを適切なサイズ選び
  5. その他のガス代節約方法4選
    1. その他の節約方法1:ガス代をカードで支払う
    2. その他の節約方法2:オール電化へ変更する
    3. その他の節約方法3:電気・ガスのセットプランに切り替える
    4. その他の節約方法4:都市ガスに切り替える
  6. まとめ:ガス代を抑えるならまずは「ガス会社の切り替え」

一番おすすめの節約方法【ガス会社の切り替え】

私たちの生活に欠かせないガス。その代金を節約するためにもっともおすすめなのが「ガス会社の切り替え」です。

プロパンガスは、家庭の暖房や料理、お風呂などに使われます。

それらの使用料金はどのガス会社を利用するかによって、かなり差が出てきます。これはプロパンガスが自由料金制であるため、各ガス会社が独自に料金を設定できるからです。

スマートフォンの料金プランを変えて通信費を節約するのと同じく、ガス会社を変えることでガス代を節約できるのです。

ガス代の値上げが切ら時の対処方法はこちらの記事
>>プロパンガスの値上げ拒否!知らなきゃヤバイ値上げ時の対処方を解説

ガス会社切り替えの具体的な節約効果

ガス会社を切り替えたら、具体的にどれくらい節約できるの?

toshi
toshi

参考例を紹介するね!

節約金額は、利用するプロパンガスの量や現在のガス会社の料金、新しく選ぶガス会社の料金などによって変わります。

例えば、

【戸建 6人暮らしの場合】
・変更前 14,876円 ⇒ 9,997円
・1年間 58,548円・5年間 292,740円

【戸建 4人暮らしの場合】
・変更前 10,967円 ⇒ 7,379円
・1年間 43,056円・5年間 215,280円

【戸建 2人暮らしの場合】
・変更前 10,059円 ⇒ 6,486円
・1年間 42,876円・5年間 214,380円

といった金額の節約が出来ています。

生活を変えずにガス代節約

まず最初に、自分の住んでいる地域のガス会社の料金を比較してみることが大切です。その上で、もし自分の現在のガス会社の料金が高ければ、他のガス会社に切り替えることを検討してみてください。

ガス会社の切り替えは、生活の質を落とすことなくガス代を節約する一つの方法です。

その手続きは意外と簡単。自分の生活に合ったガス会社を選び、節約の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

\まずは今すぐ無料問合せ

お風呂のガス代節約方法 12選

ここからは、お風呂まわりでガス代を節約する方法について紹介します。

お風呂の節約方法についてはこちら

それではこの内容で詳しく解説していきます。

お風呂のお湯交換について詳しく知りたい方はこちらの記事
>>お風呂のお湯は何日で交換するのがいい?2日目のお風呂は菌だらけ

お風呂の節約方法1:お湯はりタイマーの使用

まず、お風呂のガス代を節約する第一歩として、お湯はりタイマーの活用が挙げられます。お湯はりタイマーを使うと何が良いのか、それは、自分が入浴する時間に合わせてお湯を沸かすことが可能となるからです。

また、お湯はりタイマーを使うと、お湯の量や温度を設定することができます。これにより、必要以上にお湯を沸かしたり、高温にしたりすることを避けることができます。

お湯はりタイマーで効率的な節約

ここで注意したいのは、お湯はりタイマーの効果的な使い方。それはお湯の量や温度を設定することです。この機能を使うと、無駄なお湯の使用や温度の上げすぎを防ぐことができます。これにより、必要なガスの使用量を最小限に抑えることができます。

また、時間帯によってガス料金が変動する場合、お湯はりタイマーを使ってガス料金の安い時間帯にお湯を沸かすという工夫も可能です。これにより、更なるガス代の節約が期待できます。

お風呂の節約方法2:お湯を少なめに調整する

次に、お風呂のガス代を節約するための方法として、お湯の量を調節することがあります。具体的には、浴槽にお湯を満杯にせず、少なめにするという方法です。

この方法は、ガスを使ってお湯を温めるのに必要なエネルギーが、お湯の量に直結しているため有効です。つまり、お湯の量を減らすと、それに応じてガスの消費量も減ります。

日々の生活の中で、あまり気にしないかもしれませんが、このような小さな工夫が積み重なって、大きな節約につながるのです。

お風呂の節約方法3:浴槽にフタをする

我々がお風呂につかる際、ガス代の節約をするための一つの方法として、浴槽にフタをすることがあります。一見些細に見えるこの行為が、なぜ節約につながるのかというと、それはお湯の温度が下がりにくくなるからです。

具体的には、お湯の温度が下がると、そのお湯を再び温めるために追い焚きをする必要が出てきます。追い焚きは、それ自体がガスを多く消費します。そのため、フタをすることでお湯の温度を維持し、追い焚きの回数を減らすことが可能になるのです。

さらに、浴槽にフタをするだけで年間約2,742円※1もガス代を節約できるというデータも存在します。毎日のちょっとした行動が1年という長いスパンで見ると大きな節約につながるのです。

※1出典:energy-navi

お風呂の節約方法4:保温シートの使用

保温シートは家族の入浴時間がバラバラだったり入浴人数が多いなどの理由で、1日に何回も追い焚きや沸かし直しをしている人におすすめです。

保温シートとは、お湯の温度を下がりにくくする道具で、お風呂のお湯に浮かべることで冷たい空気と温かいお湯が直接触れないようにするもの。

保温シートは、アルミ素材やスポンジ素材などさまざまな種類がありますが、データによればアルミ素材の方が保温力が高いとのことです。さらに、使い勝手の良さを考慮するなら、両面タイプやマス目付きのものもあります。

使用方法は非常に簡単で、お湯を沸かした後に浴槽に敷くだけです。使わないときはたたんで引っ掛けておくと便利で、使う際の手間もほとんどありません。

お風呂の節約方法5:設定温度を下げる

お風呂のガス代節約については、これまでに浴槽にフタをする方法や保温シートの活用法をご紹介しました。

今回は、それらと同じくらい簡単で、しかし大きな効果が期待できる方法として、お風呂の設定温度を適切に調節する方法について見ていきましょう。

設定温度を下げることでの節約

私たちがお風呂のガス代を節約する際に重要となるのが、お湯を沸かす際の設定温度です。

設定温度を下げると、お湯を沸かすために必要なエネルギー量が減り、結果的にガス代も節約できます。

例えば、冷たい水を少し暖めるのに必要なエネルギーは少ないですが、それをさらに高温にするにはより多くのエネルギーが必要となります。なので、設定温度を適切に下げることで、必要なエネルギー量を抑え、ガス代を節約できるのです。

【注意点】適切な温度設定が大切

ただし、ここで注意しなければならないのは、設定温度を下げすぎないことです。

お湯が冷たすぎると快適な入浴ができず、逆に体調を崩す可能性もあります。これは、人間の体が一定の温度を保つためにエネルギーを使う必要が出てくるからです。

そのため、設定温度は、快適さと節約のバランスを考慮して決めるべきです。一般的には、40℃~42℃程度が適切とされています。

節約と健康、どちらも大切にしながら、適切な温度設定を心掛けてみてください。

お風呂の節約方法6:換気扇を止める

換気扇の使い方にも一工夫することで節約効果が期待できます。

換気扇は、お風呂場の湿気を外に排出することで、快適な環境を保つ役割があります。

しかし、換気扇を回すと室内の熱気も一緒に排出され、結果的にお風呂の温度が上がりにくくなります。

したがって、換気扇を止めると、お風呂の温度が上がりやすくなり、お湯を沸かすために必要なガスの量を減らすことができます。

【注意点】換気扇を止めるデメリット

しかしながら、換気扇を常に止めてしまうと、湿気がこもってしまいます。

湿度が高い環境は、カビやダニなどの微生物が繁殖しやすい環境となり、お風呂場の清潔さや健康面に影響を及ぼす可能性があります。

適切な換気扇の使い方

そのため、換気扇の使い方として、お風呂に入っていない時に換気扇を回して湿気を逃がすようにしましょう。

これにより、湿度を適切な範囲に保ちつつ、入浴時には換気扇を止めてお湯を沸かすためのガスを節約することが可能となります。

お風呂の節約方法7:追い焚きの回数を減らす

日本の家庭では、家族全員がお風呂を利用する時間帯がバラバラであるため、一日に何度も追い焚きを行うことが一般的です。

その結果、ガス代が高額になるという問題があります。その解決策として、追い焚きの回数を減らす方法とそのメリットについて解説します。

節約のポイント:追い焚き回数の削減

資源エネルギー庁のデータによると、追い焚きの回数を1日1回少なくすれば、年間でガス38.20㎥を節約し、それは年間約6,190円※1のガス代の節約につながります。

そのため、一日に何度も追い焚きをしてしまうご家庭では、可能な限り時間を空けずに一緒に入浴し、追い焚きの回数を減らすことがガス代節約の重要なポイントとなります。

※1出典:風呂給湯器|家庭向け省エネ関連情報|資源エネルギー庁

追い焚きを減らすための方法

今まで紹介してきた中にも、追い焚きを減らすための方法もいくつかでてきました。

まず、お風呂に入っていない時は浴槽のふたをすることで、お湯が冷めにくくなることです。また、保温シートを使えば、冷たい外気でお湯が冷めるのを防げます。

そして、お湯が冷めないうちに、できるだけ立て続けに入浴することで、追い焚きの必要性を減らすことができます。

お風呂の節約方法8:シャワーの温度を下げる

1日15分のシャワーを1℃下げると約3.5円の節約 1年で約1,278円の節約

お風呂の設定温度を下げることと共通ですが、こちらもガス代の節約になります。

シャワーの温度を下げることで、お湯を沸かすために必要なエネルギーを節約することができます。

ただし、シャワーも温度を下げすぎると、洗浄効果が低下する可能性もあります。

こちらも無理せずに、適切な温度で使用することが重要です。

お風呂の節約方法9:シャワーの使用回数を減らす

40℃のシャワー1分間のガス代は5.8円 1年間で約2,128円の節約

シャワーの使用回数を減らすこともとても有効です。

具体的には、洗う順番を変えることで、シャワーの使用頻度を減らすことができます。

シャワーを減らす具体例

例えば女性の場合、

【順番改善前】
  • シャワー1
    クレンジング

    クレンジングをして流す。

  • シャワー2
    洗顔

    洗顔をして流す。

  • シャワー3
    体を洗う

    体を洗って流す。

  • シャワー4
    シャンプー1回目

    シャンプーを流す。

  • シャワー5
    シャンプー2回目

    シャンプーを流す。

  • シャワー6
    トリートメント

    トリートメントを流す。

【順番改善後】
  • シャワー1
    クレンジング
    シャンプー1回目

    クレンジング、シャンプーをして一緒に流す。

  • シャワー2
    シャンプー2回目
    洗顔

    シャンプー2回目と洗顔をしてから流す。

  • シャワー3
    トリートメント
    体を洗う

    トリートメントをし、体を洗って流す。

といった工程に変えて、シャワーをまとめて行うようにすることで、使用回数を減らすことができます。

シャワーは1分間に約12リットル※1ものお湯が出ています。シャワーを使う時はこまめに止めながら、必要な分だけお湯を使うようにしましょう。

シャワーの使用回数を減らすことでガス代はもちろんですが、水道代の節約にもなります。

※1出典:風呂給湯器|家庭向け省エネ関連情報|資源エネルギー庁

お風呂の節約方法10:節水シャワーヘッドに交換

約50%カットのシャワーヘッドで月々 約1,200円節約

シャワーヘッドを節水タイプに変えると、お湯の使用量を減らすことができます。

節水シャワーヘッドは、通常のシャワーヘッドよりも少ないお湯で同じ効果を得ることができるため、そのぶんガス代を節約することができるといったものです。

つまり、シャワーヘッドを節水タイプに変えることで、普段の使用感を維持したまま、ガス代が節約できます。

節水シャワーヘッドへの交換

シャワーヘッドの交換は、比較的簡単に行うことができ、それほど高価ではありません。そのため、節水とガス代節約を目指すのであれば、節水シャワーヘッドへの交換はとても効率的な方法と言えます。

例えば、1日に20分間シャワーを浴びるとします。

シャワーは1分間に約12リットルなので、お湯の使用量はおよそ240リットルです。
約50%節水のものであれば、半分の120リットルほどになります。

家族が多くなればその分使用料もありますので、かなりの節水、ガス代の節約になります。

最近は節水だけでなく、いろいろな機能を持ったシャワーヘッドも多いので、自分にあったものを選んでみましょう。

お風呂の節約方法11:浴槽のお湯を有効利用

浴槽のお湯を洗い流しに活用するという手があります。

この方法は、日々のお風呂タイムにちょっとした工夫を加えるだけで可能で、驚くほどガス代を節約することができます。

シャワーは、お湯を沸かし続けることでガスを大量に消費します。そのため、シャワーの使用量を減らすことは、ガス代の節約に直結します。

【具体例】浴槽のお湯で洗い流す

頭や体を洗った後、まずは浴槽のお湯を使って泡を流しましょう。

そして泡を大方流し終わったところで、最後の仕上げとしてシャワーを使います。この工夫により、シャワーでのお湯の使用量を最小限に抑えることができます。

【注意点】浴槽の衛生状態を保つ

ただしこのやり方は衛生面で、苦手に感じる方もいるでしょう。

浴槽のお湯をきれいに保つのはもちろんですが、すこしでも不快に感じる方は無理をしないようにしましょう。

また、お風呂のお湯が減る事から家族で使っている場合は、最後に入る人しかできないといったこともあります。

ょっとした工夫で節約を実感することができるので、それぞれの家庭にあったやり方を見つけましょう。

お風呂の節約方法12:一人暮らしならシャワー、二人以上なら浴槽

浴槽のお湯一杯分の目安は200リットルです。これはシャワーを約17分出しっぱなしにした時の量といっしょです。

そのため一人暮らしの場合は17分以内のシャワーがお得になり、人数が多い場合はお湯を張り、身体を洗う際のシャワー時間を短縮したほうがお得になります。

【注意点】浴槽の湯は再利用しよう

この方法は、浴槽に張ったお湯は可能な限り再利用することが前提です。

浴槽のお湯を使うのに抵抗がある方は、人数が多くてもシャワーのみのほうが、安く抑えられるでしょう。

ただし、湯船に浸かることは体を休めるといった効果もあります。無理せず自分にあった選択をしていきましょう。

キッチンのガス代節約方法 14選

ここからは、キッチンまわりでガス代を節約する方法について紹介します。

キッチンの節約方法についてはこちら

それではこの内容で詳しく解説していきます。

キッチンの節約方法1:お湯の使用を最小限に!

キッチンでのガス消費は主にお湯を沸かすことや温度を上げることによります。お湯を出す時に温度が高めに設定していると、それだけガスを消費します。

また、お湯をたくさん使うということは、それだけ多くのガスを使って水を温めているということになります。

節水コマや節水ヘッドの導入

節約手段として、節水コマや節水ヘッドを使うことが挙げられます。節水ヘッドは水の流れを細かく分散させることで、少ない水量で広範囲を洗うことができます。

キッチンでのガス代節約は、毎日の小さな工夫が大きな結果につながります。

一日の料理や洗い物で少しでもガスを節約することが、一年を通してみれば大きな節約になるのです。

節水コマや節水ヘッドの見直しを通じて、賢くガス代を節約しましょう。

キッチンの節約方法2:お湯の温度を低く設定

設定温度を40℃から38℃で年間約1,430円のガス代節

湯沸かし器の設定温度はガス消費量に大きく関わります。温度が高ければ高いほど、より多くのガスを使って水を温めることになり、それだけガス代も増えてしまいます。

温度設定での節約効果

具体的には、資源エネルギー庁の調査によれば、湯沸かし器の設定温度を40℃から38℃に下げることで、年間でガス8.80㎥の省エネが可能となり、これは年間約1,430円のガス代節約につながります。

ここでの計算は、65ℓの水道水(水温20℃)を使い、湯沸かし器の設定温度を40℃から38℃にし、1日2回手洗いした場合(使用期間:冷房期間を除く253日)を基にしています。

出典:ガス給湯器|家庭向け省エネ関連情報|資源エネルギー庁

ただし、設定温度を下げすぎると食器の洗浄力が落ちてしまうことがあるため、適切な温度調整が必要です。ここでも、食器洗いの品質を保ちつつ、ガス代を節約するバランスを見つけることが大切です。

キッチンの節約方法3:ガスコンロの使用時間を短く

ガスコンロは使用時間によりガス消費量が変わるため、料理時間を短縮すればそれだけガス代節約につながります。

ガスコンロ使用時の目安

火力都市ガス(1h)プロパンガス(1h)
強火約37円約60円
中火約21円約34円
弱火約5円約8円
出典:お客様向けQ&A/ガスコンロ使用時のガス代について/東京ガス

ガスコンロの消費量は使用時間に比例

ガスコンロは時間と共にガスを消費します。つまり、火を使う時間が長いほど、その分だけガス代もかかることになります。

具体的なガス代節約のテクニックとして、「沸騰したら弱火にする」や「調理後はすぐに火を止める」などの方法が挙げられます。これらの工夫は、日々の料理の中で簡単に実践できます。

キッチンの節約方法4:卓上IHヒーターを使う

さらに、ガス代を節約するためには、卓上IHヒーターの利用も有効です。電気代が安い時間帯に利用すれば、ガスよりも経済的になる場合もあります。

電力のピークオフ時間を活用

電力料金は時間帯によって変動するので、電気代が安い時間帯にIHヒーターを利用することで、ガスを使用するよりも経済的になることがあります。具体的には、電力会社のピークオフ(電力需要が低い時間帯)を利用すると良いでしょう。

キッチンの節約方法5:高火力を使う料理を控える

強火から中火にすれば年間390円節約

高火力で調理を行うと、ガスの消費量が増え、結果的にガス代も増えます。そのため、高火力を使う料理を控えることがガス代節約に繋がります。

高火力調理はガス消費量増

高火力を使う料理というと、揚げ物や炒め物などが挙げられます。これらの料理は、高温で素早く調理することが求められるため、火力を上げることが多いのです。

揚げ物や炒め物は、高火力で調理することが一般的です。それに、油を多く使用するため、洗い物も増え、水道代もかさみます。そのため、これらの料理を控えることで、ガス代だけでなく水道代の節約にも繋がります。

【注意点】炎が鍋からはみ出すと無駄

また、料理中に炎が鍋底からはみ出してしまうと、その部分は無駄になってしまいます。火力調整にも注意が必要です。

資源エネルギー庁によると、強火から中火にすれば年間でガス2.38㎥の省エネになり、それは年間約390円※1のガス代節約につながります。

ガスコンロの火力に注意を払うだけで、年間で大きな節約が可能になります。ぜひこのテクニックを日々の調理に活用してみてください。

※1出典:ガスコンロ|家庭向け省エネ関連情報|資源エネルギー庁

キッチンの節約方法6:電子レンジや電気ケトルを使用

電子レンジや電気ケトルを使うことで、ガスを使わずに食材やお湯を加熱することが可能です。これにより、ガス代の節約が可能となります。

電子レンジは、食材の内部から加熱するため、鍋やフライパンよりも早く調理できます。また、電気ケトルは必要な電気量が少なく、保温機能があるため、やかんよりも効率的と言えます。

【具体例】野菜の下茹でを電子レンジで

例えば、野菜の下茹では、電子レンジを使うことでガス代を節約できます。下茹でする際は、野菜をラップで包むか耐熱容器に入れてラップをし、レンジであたためましょう。資源エネルギー庁によれば、下茹でをガスコンロから電子レンジに変えるだけで年間約3,000円※1のガス代が節約できるとのことです。

※1出典:電子レンジ|家庭向け省エネ関連情報|資源エネルギー庁

【注意点】電気代のバランスを考慮

ただし、電子レンジや電気ケトルを使用すると電気代がかかります。そのため、電気代とガス代のバランスを考慮し、適切に使い分けることが大切です。

水を沸かす場合、電気料金プランの安い時間帯に電気ケトルを使って沸かすと、ガス代を節約できます。しかし、コップ1杯程度の水の場合、電子レンジの方が電気代を抑えられます。

電子レンジや電気ケトルの使用により、ガス代の節約が可能です。しかし、電気代とのバランスを見ながら最適な方法を選びましょう。

キッチンの節約方法7:炊飯器や圧力鍋などの調理器具を活用

炊飯器や圧力鍋などの調理器具を使うと、電気で食材を加熱できるのでガスを使わなくて済みます。

炊飯器や圧力鍋は、高温や高圧で食材を加熱します。これにより、調理時間が短くなり、ガス代の節約につながります。

【具体例】炊飯器と圧力鍋の活用

炊飯器にはご飯だけでなく、おかずも一緒に作ることができる調理機能付きのものがあります。これを活用すると、鍋やフライパンを使わなくても良くなり、更にガス代の節約になります。

また、圧力鍋は煮込み料理の調理時間を大幅に短縮できます。

さらに、保温鍋もガス代の節約に効果的です。初めに数分加熱した後は保温のみで料理が出来上がります。

電気代の節約とガス代の節約のバランスが重要

炊飯器を使用すると、1回の炊飯にかかる電気代は約4円です。これを活用して、「炊飯器レシピ」を使い、具材も一緒に調理してしまうことで、ガス代を抑えることができます。

しかし、電気代とガス代のバランスを考慮し、適切に使い分けることが大切です。

炊飯器や圧力鍋などの調理器具を活用することで、ガス代の節約が可能です。また、調理時間の短縮も期待できます。ただし、電気代とのバランスを見ながら最適な方法を選びましょう。

キッチンの節約方法8:一度にたくさん作って冷凍保存

毎日の料理に使うガス代を減らすには、料理を一度に大量に作って冷凍保存する方法があります。この方法で、毎日の調理回数が減り、ガスを使う機会も少なくなるので、ガス代の節約につながります。

適した料理と保存方法

冷凍保存する料理としては、一品で満足できるものや、お弁当にも使えるものがおすすめです。

例えば、シチューやカレー、ハンバーグなどの煮込み料理や焼き物は、作り置きしやすく、また解凍後も美味しくいただけます。

メリットと注意点

大量調理と冷凍保存の最大のメリットはガス代の節約だけでなく、時間の節約にもなります。料理の準備から片付けまでを一度に行うことで、全体の作業時間が短くなるのです。

ただし、注意点もあります。全ての料理が冷凍保存に適しているわけではありません。

また、冷凍保存するときは、必ず冷ましてから行うこと、解凍は冷蔵庫内でゆっくり行うことが基本です。適切な冷凍、解凍方法を守らないと、食材が傷むだけでなく食材の風味も落ちてしまいます。

毎日の料理の手間とガス代を節約するために、一度にたくさん調理して冷凍保存する方法を活用しましょう。

キッチンの節約方法9:調理中は落し蓋や鍋蓋を使う

ガス代を節約するためのもう一つのシンプルな方法として、調理中に鍋にフタをするという方法があります。

鍋にフタをすると、熱が逃げにくくなり、沸騰や加熱に必要な時間が短縮されます。

熱の逃げにくさが調理時間の短縮につながる

調理時にフタをして熱を逃がさないようにすると、鍋の中の温度が均一になり、料理が均等に加熱されます。これにより、ガスの使用量が減り、ガス代が節約できます。

一般的に使用される鍋蓋だけでなく、落とし蓋も利用できます。落とし蓋は、鍋の内側に直接置く小さなフタのことで、具材を均一に加熱し、早く調理することができます。

調理方法や料理の種類に注意

ただし、すべての料理でフタをして調理するわけではありません。

例えば、フライパンでの調理や、揚げ物などはフタをしない方が適しています。また、フタをした状態で長時間加熱すると、中の水分が蒸発せずに溜まり、味が薄くなる可能性もあります。調理方法や料理の種類によって、フタの使用方法を適切に調節することが重要です。

簡単な方法ですが、調理中に鍋にフタをすることで、調理時間が短縮され、ガス代の節約につながるのです。

キッチンの節約方法10:鍋に合わせた火力

調理器具の選び方だけでなく、ガスコンロの火力調整もガス代の節約につながります。鍋の大きさに合わせて火力を調節することで、無駄な熱の消費を減らし、ガス代を節約することができます。

火力を適切に調節することの重要性

鍋の底から火がはみ出していると、すべての熱が鍋に伝わらずに無駄になってしまいます。その結果、ガスの消費量が増え、ガス代が無駄になる可能性があります。

この無駄を減らすためには、鍋の底全体に火があたる程度に火力を調節することが大切です。

調理時間が長くなる場合に注意

ただし、火力を下げすぎると調理時間が長くなり、結果的にガスを多く消費することになる場合もあります。

また、高火力で一気に調理すると、食材が焦げついたり、中まで火が通らない場合があります。火力の調節は料理の種類や状態によって臨機応変に行うことが大切です。

熱の無駄を減らすためには、鍋の大きさに合わせた火力調節が必要です。これにより、調理時間が適切になり、ガス代も節約できます。ただし、火力を調節する際には、調理の種類や進行状況に注意しながら、適切に火力を変えることが必要です。

キッチンの節約方法11:野菜は小さく切って煮込む

野菜の切り方一つによっても、加熱時間が短縮し、それがガス代の節約につながります。

具体的には、野菜を小さく切って煮込むことで、コンロの火力を抑えたり、早く火を止めたりすることが可能となります。

小さく切った野菜は、鍋にたくさん入れることができ、その結果、必要な水の量も少なくて済むのです。これは、野菜の加熱時間を短縮するだけでなく、一度にたくさんの食材を調理することが可能となり、時間とエネルギーの節約につながります。

野菜を適切な大きさに注意

ただし、小さく切りすぎてしまうと、食材がほぐれてしまったり、形が崩れてしまうこともあります。料理の見た目や食感に影響が出ない程度に、野菜を適切な大きさに切ることが重要となります。

小さく切った野菜は加熱時間の短縮につながり、その結果、ガス代の節約につながるというメリットがあります。

同時に、一度に多くの食材を調理できるので、効率的な調理が可能となります。お料理のプロセスを見直して、節約生活を実現してみてはいかがでしょうか。

キッチンの節約方法12:調理法は、炒める>蒸す>煮る

ガス代が節約できる調理法は、炒める>蒸す>煮る

ガス代の節約に効果的な調理法の一つに、炒める、蒸す、煮るの順番があります。特に、炒める調理法は水を使わないため、火の通りが早く、ガスの使用時間を短縮できます。それに続いて、少量の水で食材を加熱する蒸し料理も、煮るよりもガス代の節約に繋がります。

炒める調理法のメリット

炒める調理法は水を使用しないため、火が直接食材に伝わり、加熱時間が短くなります。これにより、ガスを少なく使うことができ、節約につながります。

蒸す調理法のメリット

また、蒸す調理法は少量の水で食材を調理できます。水の量が少ないため、炒めるよりは時間がかかりますが、それでも煮るよりは早く食材を加熱できます。これもまた、ガス代の節約に役立ちます。

煮る調理法とガス代

一方、煮る調理法は比較的多量の水を必要とし、食材が完全に火を通すまでに時間がかかるため、ガス代が比較的高くなります。

つまり、料理法をうまく選び、炒める、蒸す、煮るの順に料理することで、ガス代を節約することが可能です。これにより、毎日の料理で少しずつでもガス代を節約し、それが長期的に見れば大きな節約に繋がるのです。

キッチンの節約方法13:鍋の水滴は拭き取ってから火にかける

鍋やフライパンの底に水分が付着している場合、それを拭き取ってから火にかけるとガスの使用量が減らせます。

これは、わずかな節約かもしれませんが、日常の料理で常に心がけることで、年間を通してみると大きな節約につながります。

水分が火力を奪う理由

なぜ鍋やフライパンの底の水分を拭き取るとガス代が節約できるのでしょうか。

それは、水分が鍋やフライパンの底から直接蒸発することで、ガスの熱を奪ってしまうからです。その結果、食材が熱せられるまでの時間が長くなり、結果的にガスを多く消費してしまうのです。

底の水分を拭き取ることのメリット

調理器具の底から水分を拭き取ることで、火力が直接食材に伝わり、より早く加熱できます。これにより、ガスを節約し、ガス代を抑えることができます。

料理前の簡単な手間、つまり鍋やフライパンの底の水分を拭き取ることで、火力が無駄に逃げることを防ぎ、ガスの使用量を抑えることができます。

これが毎日の料理におけるガス代節約の一つのコツとなります。ぜひ日々の料理に取り入れて、ガス代の節約を実感してみてください。

キッチンの節約方法14:食洗機で年間約6,470円節約!

食器の手洗いと食器洗い乾燥機の使用を比較すると、意外にも食器洗い乾燥機を使った方が年間で節約になるのです。電気料金はかかりますが、水道料金も考慮に入れると、食器洗い乾燥機の方がトータルで省エネにつながります。

金額で見る節約効果

資源エネルギー庁の調査によると、手洗いと食器洗い乾燥機を比較した場合、年間約6,470円の光熱費が節約できます。具体的には、手洗いの場合、年間でガス81.62㎥、水道47.45㎥(合計約25,560円)※1を使用します。一方、食器洗い乾燥機の場合、年間で電気525.20kWh、水道10.80㎥(合計約19,090円)※1を使用します。

※1出典:食器洗い乾燥機|家庭向け省エネ関連情報|資源エネルギー庁

食器洗い乾燥機の節約ポイント

さらに、食器洗い乾燥機をより省エネに使うためのポイントをいくつか紹介します。洗浄が終わったら扉を開けて余熱だけで乾燥させる、適量の洗剤を使う、前処理を丁寧に行う、そして食器を正しくセットするという4つのポイントを心掛けることで、さらに節約を実感できるはずです。

食器洗い乾燥機は省エネと節約の一石二鳥

食器洗い乾燥機を使うことで、手洗いに比べてガスと水道の消費量を大幅に減らすことができます。さらに、正しい使用方法を実践することで、節約効果をより高めることができます。食器洗い乾燥機の省エネと節約の一石二鳥の効果をぜひ実感してみてください。

ガス機器でガス代節約方法9選

ここからはガス機器関連でガス代を節約する方法について紹介します。

ガス機器の節約方法についてはこちら

それではこの内容で詳しく解説していきます。

ガス機器の節約方法1:給湯器をエコキュートに交換

エコキュートは、空気中の熱を利用してお湯を沸かす電気給湯器のことを指します。夏はもちろん、冬でも外気から熱を取り入れて効率よくお湯を沸かすことができます。

エコキュートのメリット

エコキュートの大きなメリットとして、ガス給湯器にかかるガス代よりも、エコキュートにかかる電気代が安い点が挙げられます。つまり、ランニングコストを考えた場合、エコキュートは経済的です。

エコキュートのデメリット

一方で、エコキュートを導入するには、初期費用や工事費がかかります。また、エコキュートは電気を使うので、停電時にはお湯が出ない可能性があります。これらはエコキュートを選ぶ際に考慮すべきデメリットです。

エコキュートは、節約につながる可能性がある一方で、初期費用や停電時のリスクを考える必要があります。ご家庭の生活スタイルや条件に合わせて、最適な選択をすることが大切です。

ガス機器の節約方法2:給湯器をエコジョーズに交換

エコジョーズとは、従来型のガス給湯器と比較して高い熱効率を誇る給湯器です。その特長と長期的な見通し、注意点を詳しく見ていきましょう。

エコジョーズは、ガスを効率的に利用してお湯を沸かす給湯器のことを指します。その熱効率は従来型のガス給湯器と比較して高く、少ないガスで効率よくお湯を沸かすことが可能です。

エコジョーズのメリット

エコジョーズの最大の特徴は、その熱効率の高さにあります。これにより、ガス代を節約することができます。また、エコジョーズは電気を使わないため、停電時でもお湯を使用することができます。

エコジョーズのデメリットと注意点

しかし、エコジョーズの設置価格は従来型のガス給湯器よりも高めです。初期投資が必要となるため、その点を考慮する必要があります。また、水道の圧力が低下する可能性があるため、その点にも注意が必要です。

エコジョーズは、ガス代の節約と停電時でも安定した供給が可能なメリットがありますが、初期費用や水道の圧力低下といったデメリットも考慮する必要があります。そのため、導入を検討する際は、各々のライフスタイルや家庭環境に合わせて、よく考えて選択しましょう。

ガス機器の節約方法3:ガスコンロのこまめな掃除

ガスコンロのバーナー部分の穴が詰まってしまうと、熱効率が落ち、結果的にガス消費量が増えてしまいます。それを防ぐために、手軽にできるバーナーの掃除方法をご紹介します。

ガスバーナーのお掃除方法

穴が詰まったガスのバーナー部分を掃除するには、竹串を穴に挿し込むと簡単にキレイにすることができます。

竹串はそのままの状態で使用しても良いですし、少し細くするために先端を削ることも可能です。穴に竹串を挿し込み、詰まっている汚れを取り出すだけで、バーナー部分はスッキリします。

掃除のポイント

ただし、ガスバーナーを掃除する際には、安全を第一に考えて作業を進めてください。ガスの元栓を閉め、火の元を絶つことが大切です。

また、ガスバーナーは金属製なので、力を入れすぎて竹串を挿し込むと傷がつく可能性があります。掃除の際は、優しく丁寧に行いましょう。

定期的な掃除が重要

ガスバーナー部分の穴が詰まってしまうと熱効率が落ちてしまいますが、定期的な掃除を行うことで、その問題を解消し、節約につなげることができます。

お掃除は簡単なので、ぜひ日頃から試してみてください。

ガス機器の節約方法4:ガスコンロの電池交換

ガスコンロの電池交換は日常生活の中で忘れがちな作業かもしれませんが、きちんと管理することが大切です。その理由や交換方法について、詳しく解説していきましょう。

なぜ電池交換が必要なのか

ガスコンロの電池が切れると、点火が悪くなり、ガスの無駄が発生します。また、火がつかない、火が消える、火力が不安定になるなどのトラブルが起こり、これが調理時間の延長につながる可能性もあります。

電池交換の方法

ガスコンロの電池交換は、比較的簡単な作業です。しかし、安全に行うためには、必ず交換前にガス栓を閉めるようにしましょう。これにより、予期せぬガス漏れを防ぐことができます。

ガスコンロの電池は交換切れる前に交換

ガスコンロの電池交換は、ガスの無駄を防ぎ、トラブルを避けるために重要な作業です。

また、電池交換は簡単な作業ですが、安全を確保するためにもガス栓を閉めることを忘れずに行いましょう。普段の生活の中で見落としがちな部分かもしれませんが、小さな注意が安全と効率的なガス使用につながります。

ガス機器の節約方法5:ガスファンヒーターの温度設定を下げる

寒い季節に欠かせない暖房器具の一つが、ガスファンヒーターです。ガスで空気を暖め、その暖気をファンで部屋に送り出すという仕組みです。しかし、その使い方によってはガス代が高くなることもあります。そこで、節約方法について見ていきましょう。

ガスファンヒーターの消費量と温度設定の関係

ガスファンヒーターは、温度設定が高いほどガスの消費量が多くなります。つまり、冬の厳しい寒さをしのぐために温度を高く設定すればするほど、ガス代が上がるということです。

ガスファンヒーターの節約術

節約のためには、温度設定を下げることが有効です。例えば、厚着をする、膝掛けを利用するなどして、室温が少し低くても快適に過ごせる工夫をすると、それだけでガス代の節約につながります。

設定温度を意識した使用

ガスファンヒーターは便利な暖房器具ですが、その使い方一つでガス代が変わってきます。特に、温度設定を無闇に高くすると、ガスの消費量が増えてしまうので注意が必要です。冬の寒さをしのぎながらも、ガス代の節約を心掛けるためには、温度設定の見直しと、それを補う暖かさの確保が大切になります。

ガス機器の節約方法6:ガスファンヒーターのタイマー機能

暖房器具のガスファンヒーターには、ガスの消費を抑えるためのタイマー機能がついているものがあります。タイマー機能を活用することで、必要な時間だけ暖房を使い、ガスの無駄遣いを防ぐことが可能になります。

タイマー機能の種類

ガスファンヒーターに搭載されているタイマー機能には、「おやすみタイマー」と「おはようタイマー」の2種類が主にあります。

おやすみタイマーの活用

「おやすみタイマー」は、指定した時間になるとヒーターが自動的に停止する機能です。就寝前に暖房をつけたままにすると、必要以上にガスが消費され、それがガス代の増加につながります。

さらに、適切な温度管理ができず、部屋が過熱すると、それが健康にも影響を及ぼすことがあります。おやすみタイマーを活用することで、必要な時間だけ暖房を作動させ、節約と健康的な室温管理が可能になります。

おはようタイマーの活用

「おはようタイマー」は、設定した時間になると自動的にヒーターが作動する機能です。朝、寒い部屋で目覚めると、それが体調不良につながることがあります。おはようタイマーを使えば、起床前に部屋が暖まり、快適に一日を始めることができます。

タイマー機能でガス代節約

ガスファンヒーターのタイマー機能は、快適さを保ちつつガス代を節約する有効な手段です。おやすみタイマーとおはようタイマーを適切に設定し、必要な時間だけ暖房を使うことで、エコな生活を送ることができます。

ガス機器の節約方法7:ガスファンヒーターの人感センサー機能

ガスファンヒーターには、人感センサー機能が搭載されたものがあります。この機能は、人の動きを検知して自動的に暖房の調節を行い、ガスの無駄遣いを抑制します。

人感センサーのメリット

人感センサーは、部屋に人がいるかどうかを検知する装置です。部屋に人がいないときや、寝ているときに、センサーがその情報を読み取り、暖房を弱めたり停止させたりします。これにより、ガスの無駄遣いを防ぎ、節約につながります。

また、忙しい日々の中で、暖房の電源を消すのを忘れてしまうことも少なくありません。しかし、人感センサーがあれば、そのような電源の消し忘れも防げます。これにより、安全性も高まります。

人感センサー機能の活用で快適かつ安全な生活を

ガスファンヒーターの人感センサー機能は、快適さを保つだけでなく、ガス代の節約や安全性の向上にも寄与します。

センサーが部屋の状況を自動的に判断し、適切に暖房を調節するため、無駄なガス消費を減らし、同時に電源の消し忘れによる事故リスクも低減します。これにより、安心して快適な生活を送ることが可能となります。

ガス機器の節約方法8:ガスファンヒーターの掃除やメンテナンス

ガスファンヒーターを長く、そして効率良く使うためには、定期的な掃除やメンテナンスが欠かせません。フィルターが目詰まりすると、ヒーターの性能が低下し、結果としてガスの消費量が増えてしまいます。

フィルター掃除で能力維持

ガスファンヒーターのフィルターは、空気中の埃やゴミを吸い込み、清浄な空気を部屋に送る役割を果たしています。しかし、使い続けるとフィルター自体が埃で詰まってしまい、ヒーターの性能を低下させます。さらに、フィルターが目詰まりすると空気の通りが悪くなり、ガスを多く消費してしまいます。

掃除方法と頻度

そんなフィルターの掃除は、掃除機や柔らかい布、古い歯ブラシなどを使って行うことがおすすめです。

具体的には、まずは掃除機で大きなゴミを吸い取り、その後、布や歯ブラシで細かい部分を丁寧に掃除します。この掃除は、月に1回程度行うと良いでしょう。

定期的な掃除でガス代節約と安全確保

定期的なガスファンヒーターの掃除は、ガス代の節約に直結します。フィルターがきれいな状態を保てば、ガスの消費を抑えることが可能となります。

さらに、掃除は安全性の確保にもつながります。目詰まりが進んだフィルターからは、排ガスが正しく排出されず、危険な状態になることもあります。日頃のメンテナンスで、安全で快適な暖房環境を保つことができます。

ガス機器の節約方法9:ガスファンヒーターを適切なサイズ選び

ガスファンヒーターの選び方一つで、ガス代が大きく変わることをご存知でしょうか。サイズが大きいヒーターは、それだけ多くのガスを消費します。だからと言って、小さなサイズを選べばいいというわけではありません。部屋の広さや暖房時間に合わせて適切なサイズを選ぶことで、無駄なガス代を抑えることができます。

部屋の広さとヒーターのサイズ

部屋の広さによって、必要なヒーターのサイズが変わります。

大きな部屋に小さいヒーターを使うと、十分に部屋全体を暖めることができず、逆に小さな部屋に大きなヒーターを使うと、無駄に多くのガスを消費してしまいます。そのため、部屋の広さに合ったヒーターを選ぶことが大切です。

適切なサイズ選びでガス代節約

ガスファンヒーターのサイズ選びは、ガス代節約に繋がります。部屋の広さを考えて、無駄なく暖房を利用するための最適なサイズを選びましょう。この工夫一つで、快適な暖房生活を送るとともに、ガス代も抑えることができます。

その他のガス代節約方法4選

ここからは契約関連でガス代を節約する方法について紹介します。

ガス機器の節約方法についてはこちら

それではこの内容で詳しく解説していきます。

その他の節約方法1:ガス代をカードで支払う

ガス代を節約する方法の一つに、支払い方法を見直すという手があります。具体的には、クレジットカード払いを利用することで、ガス代を実質的に安くすることが可能です。

クレジットカード払いのメリット

クレジットカード払いを利用するメリットは、カード会社から還元されるポイントを受け取ることができる点です。還元率は、カード会社やカードの種類によりますが、平均的には0.5~1.5%程度です。ガス代の支払いにクレジットカードを活用すれば、この還元率に応じてポイントを得ることができます。

1%還元の場合の具体例

還元率が1%のクレジットカードを例に考えてみましょう。東京都でのプロパンガスの平均料金は年間約17.3万円です。これをクレジットカードで支払った場合、還元されるポイントは約1,730円分になります。このように、ガス代の支払いにクレジットカードを活用すれば、毎年一定のポイントを得ることができ、実質的なガス代の節約につながります。

クレジットカード払いで賢く節約

ガス代の節約方法として、クレジットカード払いを活用しましょう。還元率に応じたポイントが得られ、実質的なガス代の軽減に繋がります。日常生活の中で賢く節約することで、家計に優しい生活を送ることが可能になります。

その他の節約方法2:オール電化へ変更する

戸建ての住宅を持っている方には、オール電化への変更という選択肢もあります。この方法は集合住宅では難しいかもしれませんが、戸建てならばガス代を一切かからなくすることが可能です。

オール電化とは?

オール電化とは、家庭のエネルギーを全て電気に頼るシステムのことを指します。つまり、ガスを使わずに生活するのです。これにより、自ずとガス代はゼロとなります。

ソーラーパネル(太陽発電)と蓄電池

オール電化への切り替えを検討する際には、ソーラーパネル(太陽発電)や蓄電池の利用も考えてみましょう。これらは、最近一般家庭でも普及してきています。ソーラーパネル(太陽発電)を使えば、日中に電力を生産し、夜間は蓄電池に保存した電力を使用するという生活が可能です。これにより、電気代を大幅に節約できます。

さらにソーラーパネル(太陽発電)と蓄電池を使用することで、災害時や停電時の備えにもなります。

ガス代をゼロにするためのオール電化

ガス代を節約する方法として、戸建ての住宅の場合はオール電化への変更を検討してみてはいかがでしょうか。ガス代が一切かからないだけでなく、太陽発電や蓄電池の利用で電気代も抑えることができます。エコな生活を送りつつ、家計も助けるオール電化は、節約に興味のある方にはおすすめの方法です。

その他の節約方法3:電気・ガスのセットプランに切り替える

ガス代の節約方法の一つとして、ガス会社の料金プランを見直すという選択肢もあります。各ガス会社ではさまざまな料金プランを提供しており、中には電気とガスをセットで契約することで割引が適用されるプランもあります。

セットプランとは?

セットプランとは、電気とガスを同一の会社から契約することで得られる特典のことを指します。具体的には、電気代やガス代がお得になったり、支払いが一つにまとめられて家計管理が楽になるといったメリットがあります。

セットプランのメリット

セットプランを選ぶことで得られるメリットは大きいです。電気代やガス代が割引になるだけでなく、支払いも一つにまとめられるため、家計管理もスムーズになります。また、一つの会社にまとめることで、問題が起きた際の対応もシンプルになります。

料金プランを見直してガス代を節約

ガス代を節約する方法として、ガス会社の料金プランを見直すことも有効です。特に、電気とガスのセット契約は、コスト削減だけでなく、家計管理も楽になるというメリットがあります。自分のライフスタイルに合った最適なプランを選んで、賢くガス代を節約しましょう。

その他の節約方法4:都市ガスに切り替える

最後に大規模な工事になる可能性があり、あまりおすすめできませんが、ガスの種類を見直すことも考えられます。特にプロパンガスを使用しているご家庭では、可能であれば都市ガスに切り替えてみると、ガス代が大きく節約できるかもしれません。

東京都のプロパンガスと都市ガスの料金比較

プロパンガス都市ガス
基本料金1,693円960 円
従量料金10m3利用時5,536 円3,105 円
合計料金7,229 円4,065 円
プロパンガス平均価格は「エネ研・石油情報センター」より2023年6月発表(2023年4月分)を参照。
都市ガスは、東京ガス一般料金表の2023年6月検針分「B」を採用

プロパンガスと都市ガスの価格差

プロパンガスと都市ガスでは価格に大きな違いがあります。都市ガスのほうが一般的には割安です。そのため、都市ガスへの切り替えを考えてみる価値があります。

都市ガスへの切り替えで節約

都市ガスへ切り替えることで、大幅な節約が見込めます。しかし、全ての地域で都市ガスへの切り替えが可能なわけではないので、事前に各ガス会社に問い合わせを行い、自宅の地域で都市ガスが利用可能かどうか確認することが重要です。

ガスの種類を見直して節約

ガス代を節約するためには、ガスの種類を見直すことも効果的です。特にプロパンガスを利用している場合は、都市ガスへの切り替えを検討してみましょう。ただし、都市ガスへの切り替えが可能かどうかは、各ガス会社への問い合わせで確認することが必要です。

まとめ:ガス代を抑えるならまずは「ガス会社の切り替え」

ガス代節約の鍵は日々の生活習慣と選択にあります。家庭におけるガスの消費は、お風呂とキッチンが大半を占めます。節約のポイントは、お湯の温度調節やシャワーの使い方、そしてキッチンではガスコンロの火力調整や調理器具の選び方です。

しかし、もっと効果的にガス代を抑える方法として、「ガス会社の切り替え」があります。特にプロパンガスを利用しているご家庭では、会社ごとの料金設定に大きな差があります。同じガスを使っていても、会社によって料金が異なるため、比較検討することが大切です。適切な選択をすることで、ガス代を劇的に節約することが可能となります。

節約の一歩は、まずは自分の家のガス使用状況を把握し、その上でどの節約方法が最適なのかを考えることから始まります。日々の生活習慣の見直しやガス会社の選択など、一歩ずつ進めていきましょう。

毎月の固定費を少しでも安くしたい!
自由なお金をつくりたい!
そんな悩みをかかえていませんか?

固定費の中でもガス代が
意外と高く感じている方の多くは、
プロパンガスを使用している場合が多いです。
実はプロパンガスの会社は、悪質なところも多く、
知らずのうちに高額なガス料金を払っていることも…

toshi
toshi

プロパンガスは、ぼったくり業者も多いんだ

そんな方にはプロパンガスの一括比較サイト「ガス屋の窓口」がおすすめです。
テレビや新聞にも取り上げられ、13万世帯の実績があります。

簡単3ステップの無料問合せで、すぐに月々の金額を安くし、
自由なお金を作ることができます。
さらに契約後の1年間の値上げは返金保証があり、
不当な値上げを監視してくれるので安心。

\まずは今すぐ無料問合せ

コメント

タイトルとURLをコピーしました